なかなか思い通りのゴルフスイングが出来ずに困っていませんか?

暇さえあればゴルフクラブを持って素振りをしたり、ゴルフ練習場に通ってスイング練習
に取り組んだり、ティーチングプロなどから指導を受けて問題点を改善したりと努力して
いるとは思いますが、期待していたほどの成果が出ていないのではないかと思います。

ゴルフクラブクラフトマンの倉木真二さんは、純正なゴルフスイングを身につけるための
練習をすることで、スイングの安定性が飛躍的に高まると指摘します。

「純正なゴルフスイング」というのは、完璧に全て正しい動きをすれば最大限のパフォー
マンスを発揮する一方、少しでもズレやミスがあれば露骨に反映される
という、正攻法で
ありながらもコース上で実践するとスコアを崩す可能性が極めて高い「諸刃の剣」のよう
なものです。

倉木さんもコース上では「純正ではない」ゴルフスイングをした方がいいとアドバイスを
しますが、練習ではスイングの精度を高めるために「純正なゴルフスイング」にこだわる
方がいいとアドバイスをしています。

しかし、「純正なゴルフスイング」を身につけるのは難しいと思っていませんか?

  • 月に1回、ゴルフ練習場でボールを50~100球程度打つ
  • 週2~3回、自宅で5分程度、簡単な素振りをする

これだけでマスターできる練習法があると倉木さんは断言します。

もちろん、あなたが今までに行ってきたスイング練習をしているだけでは「純正なゴルフ
スイング」を身につけることは出来ない
ことから、倉木さんが提唱する練習内容を変える
必要がありますが、練習量が少ないことに驚くのではないでしょうか。

これを可能としたのが「奇跡のゴルフスイング上達法」です。

【続きを開く】