手話未経験者や初心者向けの入門書は、近くの書店に行けば売られていますし、amazon
や大型書店に行けば手話に関する書籍が豊富に揃っています。

また、有志が作成した手話入門的なWebサイトも多くありますし、社会福祉協議会や学校
のサークル活動などとして手話を教える教室なども全国各地で開催されています。

あなたも今までに参加したことがあるかもしれません。

しかし、思い通りに手話が上達できずに挫折する人が多いのも事実です。
あなたも諦めた経験があるかもしれませんね。

その理由として、NPO法人手話技能検定協会の副理事長で国際手話通訳士の谷千春さんは
以下の3点をあげています。

  • 手話の速度が速すぎて教室に通っても学習効果が得られない
  • わからないことがあっても質問できない学習環境
  • 間違って手話を覚えたので聴力障害者から嫌われた

これらの問題を解決するためには、ひたすら暗記をするだけでなく、自然に手話が出来る
ようになるまで、実際に繰り返し手話の練習をすることが重要
ですが、自宅で一人で練習
することが多くなるため、なかなか続かない上に間違って覚えてしまうと、聴力障害者と
正しくコミュニケーションがとれずに嫌われる結果
になりかねません。

そこで、全くの手話未経験者でも独学でスムーズに上達できるように、谷さんが「谷千春
のワンステップ手話講座
」というDVD動画教材を公開しています。

谷千春のワンステップ手話講座は、以下の3つのステップで学習を進めていきます。

  • 手話の単語を1個づつ正確に覚えていく
  • 単語の成り立ちや語源を学んで背景知識を身につける
  • その単語を用いた文章を使って練習することで知識を定着させる

手話ができる人にとっては、丁寧すぎてウザいと感じるほどにわかりやすい説明ですから
独学で上達するのには好都合です。

【続きを開く】