運が悪い時は我慢して運が良くなるのを待てばいい
などと言われます。

確かに、何をしても悪い結果にしかならない時というのは存在しますし、何とかして良く
なるように努力をしても、見事に真逆の結果になってしまって、さらに状況が悪化すると
言ったケースは珍しくありません。

このため、状況が改善するまではおとなしく状況の悪化を最小限に食い止めるほうがいい
などというのが「社会の知恵」とでも言えるのではないでしょうか。

しかし、達磨大師の観相学を生涯にわたって研究し、嘉祥流観相学会を組織したという、
故藤木相元さんから直接指導を受けた岡井浄幸さんは、数多くのデータによって裏付けが
とれた「開運するための法則」を実践することで、運が良くなるまで待つ必要はなくなり
自ら幸運を引き寄せることが可能
になると言います。

嘉祥流観相学とは、顔の情報を読み取って分析する「脳相学」であり、適切な知識を身に
つけることで、開運を意図的に起こすことが可能となります。

早ければ数週間、遅くても数カ月後には運が悪いと嘆いているような状況は解消される
岡井さんは言います。

この嘉祥流観相学を自宅に居ながらにして学べるのが「岡井浄幸の嘉祥流観相学」です。
1時間以上の動画と200ページのPDFテキストで基礎から丁寧に説明しています。

岡井浄幸の嘉祥流観相学がどのようなものか、以下のサンプルで確認してください。

わからないことがあればメールサポートで岡井さんに質問できます。
疑問を抱えたままの状態で悩む心配はありません。

【続きを開く】