宅建士試験において、過去問の勉強は必要不可欠です。

出題傾向がワンパターン化していることから、過去問と一言一句変わらない全く同じ問題
が出題されることは皆無に近いとしても、内容的に同じような意味合いの問題や選択肢が
何回にもわたって繰り返し出題されているものです。

宅建士試験では、過去問と類似性の高い問題が全体の70%前後は出題されていますので
単純に問題文と正解の文章を丸暗記しただけでは意味がないとしても、過去問で問われる
知識を正確に理解すれば、その他の勉強は必要最小限でも十分
と断言するのは宅建講師の
松村保誠さんです。

松村さんが教える講座では、受講生の宅建士試験の合格率が81%と、全国平均の15%
と比べて5倍以上という驚異的な成果をあげているわけですが、過去問を中心とした学習
を徹底したからこそ実現できた成果です。

しかし、普通に過去問を解いていって、不正解になった問題や、正解したけど自信のない
問題などを復習して、確信を持って正解できるようになるまで勉強を繰り返すというのは
それなりに時間がかかる
ものです。

そこで、宅建士試験の過去問を完全にマスターするために必要な勉強時間を半分程度まで
短縮できる学習教材を松村さんが開発しました。

それが「宅建過去問強制インストール」ですが、2007年に公開をして以降、数多くの
受講生が合格に成功しています。

宅建過去問強制インストールは音声教材のため、スキマ時間を効果的に使えます。

参考書や問題集などを開いて勉強することがはばかられる満員の電車やバスの中でも全く
問題ありませんし、オートバイや原付などの二輪車だと難しいとは思いますが、自動車で
あれば運転をしながら聞き流すだけでも十分な学習効果が得られます。

宅建過去問強制インストールには過去10年分の過去問が収録されていますので、十分な
量の演習が可能となりますし、1.3倍速、1.6倍速、2倍速の音声も用意されている
ことから、速聴することで学習時間の短縮と頭脳の活性化が可能となります。

【続きを開く】