筋肉を成長させるために、毎日筋トレをするのが非効率なことは、一般的に知られるよう
になりました。

連続して筋肉を鍛え続けるのではなく、筋肉を鍛えた後に休息時間をおくことで超回復
うながすことが必要だからです。

超回復に必要な休息時間は、一般的に24時間~48時間と言われていますが、筋トレの
内容によっても筋肉の鍛え方や痛み方が変わりますし、現在の筋肉の強度など、個人差が
大きいことから一律に何時間とは決められないというのがポイントです。

トレーナーでダイエットアドバイザーの吉岡ヒロさんは、かつてはメタボに苦しめられて
いた時期がありましたが、吉岡さんがアメリカ在住の三沢先生に教わった方法を実践した
ところ、1回の動作で激しいトレーニングを何セットもやった時のように筋肉がパンパン
になるほどに鍛えられることから、短時間の筋トレでも効率よく筋肉を鍛えて成長できた
といいます。

しかし、この筋トレ法は三沢さんがアメリカ人向けに開発した方法だったことから日本人
にとってはハードな一面があるということで、吉岡さんが独自にカスタマイズしたのが、
スーパー・セブン・マッスル・トレーニング」(SSMTメソッド)です。

SSMTメソッドは週2回の筋トレだけで十分です。
1日筋トレして、その後の2日は休んで筋肉の超回復を促すという流れになります。

1回あたりの所要時間はわずか18分ですし、自宅で手軽に行えるトレーニングですから
空き時間を効率よく使える
のがポイントです。

2週間もすれば体型に変化が見られることが実感できます。
個人差はありますが、1ヶ月もすれば筋肉が成長して贅肉が消えていきます。

【続きを開く】