hapaenglish

英語の勉強
と一口に言っても、目標が異なれば最適な勉強法も変わってきます。

入試の英語で高得点を取るのが目的な場合と、海外旅行で英語で決まりきった会話をする
場合、アメリカやイギリスなどの企業で働く場合では必要な英語力に違いが出るのは当然
でしょう。

旅行であれば、それこそ決まりきったフレーズを丸暗記して、その後は単語を言うだけで
どうにかなる場合が大半ですが、地元の人しか行かない店舗などでコミュニケーションを
取るのは難しいでしょうし、日本と比べて治安の悪い国ばかりですから、相手に変な誤解
をされて殺される可能性もあるわけです。

アメリカはロサンゼルスにあるBYB English Center校長のセニサック淳さんは、会話の
流れさえ理解できていれば、フレーズや単語を一言一句覚える必要はない
と指摘します。

その質問に対して、あなたが言いたい言葉を一瞬で英語に変換できるように、あらかじめ
準備しておけば、日常会話レベルであれば1ヶ月もあればマスターできるとセニサック淳
さんはいいます。

英語での質問に素早く英語で答える「クエッショニング」は独学でも行えますから、合間
をみてトレーニングを繰り返すことで効率良く上達できるのです。

この独自の「3ステップ・ロールプレイ学習法」を実践できる教材として、セニサック淳
さんが作成したのが「Hapaトラベル英会話」です。

海外旅行で欠かせないレストランやホテル、ショッピングなどでのスポットでのコミュニ
ケーションを想定したレッスンですから、楽しく取り組めるのではないでしょうか。

3ステップ・ロールプレイ学習法で英語に慣れておくと、恐怖感や不安感を感じることも
自然と減ってきます。

【続きを開く】