英会話教材は数多くありますし、その中で、英語のスピーキングやリスニング能力を強化
することに特化した教材
も少なくありません。

あなたも今までに実践したことがあるのではないでしょうか。

しかし、期待したほどには上達できずに終わってしまって、ネイティブの言うことは理解
できず、自分で話した内容は理解されないという状況がいまだに続いている
のではないか
と思います。

そこで役立つのが、三戸学英語聞き取り術講座です。

日本人が聞き取りにくいと感じる単語やフレーズを3種類の基本パターンに分類し、1つ
の基本パターンを1週間かけてマスターするという繰り返しで、最初の3週間は基本練習
を行い、最終週では実践練習を行うという流れになります。

特に苦手意識を感じる人が多いワードリンキングについて、時間をかけて丁寧に学べます
ので、今までに感覚的にしか理解できていなかったとしても、具体的に学ぶことで着実に
理解を深めて上達できる
ようになります。

三戸学英語聞き取り術講座では一般的な英語教材とは異なり、英語の文法や単語の意味、
日本語訳などは一切ついていません。

英語の音を理解するためには翻訳をする必要もなければ、英文法を正しく理解しなければ
いけないといった必要性はないからです。

しかし、英文を見たら日本語訳をしなければいけないといった、強迫観念にも近い発想が
中学や高校の英語教育で叩き込まれていると思いますので、最初のうちは違和感を感じる
かもしれませんが、数日もすれば全く気にすることもなくなります。

どうしても日本語での意味が気になって仕方がないのであれば、別途問い合わせれば回答
がもらえますので、学習が進まないほどに重度の「翻訳病」にかかっているのであれば、
利用するといいでしょう。治した方がいい「病気」だとは思いますが。

【続きを開く】