筆文字に対して苦手意識を持っていませんか?

小学校や中学校での習字で必ずといっていいほど、赤字での指摘が全体的に入っていたり
何十年間も毛筆を使った記憶が無いので、書き方を忘れてしまったりという状況かもしれ
ませんね。

幼いころに苦手意識がついてしまうとトラウマになるため、筆文字の練習をしようなどと
考えたことは一度もなかった
と思います。

しかし、高知市内のカルチャースクールで筆文字を教えていたポップアート研究所の臼井
浩二
さんは、字を書くのが汚かったり、毛筆で字を書くことに対して苦手意識があっても
心配する必要はない
と断言します。

習字では、型にはまった文字がかけなければ容赦なく赤色で修正が入りますが、筆文字の
場合には、最初の段階では、見本を参考にして見よう見まねで書きますが、慣れてくれば
自分の好きなように書いても違和感がなくなります
ので、自己流でも問題ないというわけ
です。

自己流の文字の「クセ」や「形」を型にはめて殺す必要がなくなり、筆文字を書くことが
楽しくなってきます。

そこで、筆文字教室に通わなくても筆文字を一人でマスターできるように、自宅で学べる
大人の筆文字「通信講座」を臼井さんが作成しました。

大人の筆文字「通信講座」が一般的な通信講座や書籍などと異なる点として、オンライン
動画でマンツーマンレッスンを受ける感覚で学べる
という点が挙げられます。

テキストを見て、見本を参考にして書くだけだと、筆文字の感覚をつかむのが難しいこと
から、動画説明が用意されています。

また、1回見ただけでは理解できなくても、何度も繰り返して見ることができます。
カルチャースクールなどで同じことを何度も講師に聞いたり教わるのは、他の受講生の目
や受講時間の制約もあって難しいわけですが、動画であれば再生しなおせばいいだけです
から気楽なものです。

あなたが書いた筆文字の添削メールサポートも用意されていますので、対面指導と同じ
教育環境が確保されているのも嬉しいですね。

【続きを開く】