右利き右投げの人が利き腕を活かした右打者から左打者に転向することが増えています。
あなたも左打者になりたいと思っているかもしれませんね。

野球でも左打者になるケースが増えていますが、ソフトボールにおいては特に顕著です。

ソフトボール上達練習法研究会のかとう由香さんは、左打者のほうが右打者と比べて有利
な点が多い
からだと指摘します。

その中でも、バッターボックスからのスタートが早くなるという点が最も大きいです。

右打者だと、打った後に1塁に走る前に腰の回転を戻す必要がありますが、左打者の場合
には、打つ時にすでに腰が右に回転していることから、そのまま1塁に走ることができる
ため、ホームベースから1塁までの走行時間を1秒近く短縮できます。

ソフトボールで見られることが多い、走りながら行うセーフティーバントやバッティング
(スラップ)での右打者と左打者の差は歴然ですから、外野にボールを打ち込める強打者
でもない限り、打率を上げるために左打者になる傾向が強いわけです。

しかし、漠然とバッターボックスに入って打撃練習をしていても、なかなか矯正しません
し、右打者だったときの悪い癖が出てスランプに陥ることも珍しくありません。

練習量を増やすほどに混乱するだけでなく、無理な姿勢でバッティングをすると体を壊す
ことにもなりますので、着実に左打者として上達できるように計画的に練習を行う必要
あります。

そこで役立つのが、安打を量産する「左打者」育成法です。

素振りから始まり、ティーバッティング、ピッチャーが投げたボールを打つという具合に
徐々にステップアップしていくのが特徴です。

右打者の頃の悪い癖が出なくなってきたら、本格的なバッティング練習に入ります。
左打者が苦手意識を持つ左ピッチャー対策も万全です。

【続きを開く】