全くのテニス未経験者がフォアハンドを身につけるためには、どのように理論を勉強して
練習を行えばいいのでしょうか?

世界ランク上位のプロテニスプレイヤーを何十人も育成した、世界トップレベルのテニス
コーチとして知られるゲイブ・ハラミロさんは、以下の5ステップで進めていけば確実に
フォアハンドをマスターできる
といいます。

  • ローディング
  • コンタクトポイント
  • バックスイング
  • トップスピン
  • フォロースルー

この順番で取り組んでいくことで、あなたも悩んでいるかもしれない以下の問題点も自然
と解消されていきます。

  • ボールが軽い
  • 打点がバラバラ
  • テイクバックが決まらない
  • 強いボールが打てない
  • 回転がかからない
  • 振り抜ききれない

しかし、世界トップレベルのテニスコーチが教えるからといって、内容も高度で難しいと
思っていませんか?

結論から言えば、知識も経験もない本当のテニス未経験者が取り組んでも着実にマスター
できるほどですから、難しい知識が求められることもなければ、テニス経験が長くないと
実践できない高度な練習などもありません。

スタート地点で技術レベルが低くても、努力や根性、センスや才能などに左右されること
なく、着実にフォアハンドを上達できる
のです。

当然ながら、スキルが最後まで低いままで良いとか、まともに練習をしなくても世界最高
レベルのフォアハンドが打てるようになるといった妄想を叶えるのは不可能な話ですが、
途中で「超えられない壁」が立ちはだかるような「人を選ぶ上達法」ではなく、練習する
ことで着実に上達できる
方法です。

このゲイブ・ハラミロさんが提唱するフォアハンドをマスターするための方法をあなたも
実践できるのが、ゲイブ・ハラミロの「MAKING CHAMPIONS10」です。

DVD動画でマンツーマンレッスンを受ける感覚で取り組めます。
あなたが行う練習は、以下の6種類です。

  • 素振りをする
  • 自分でボールを床に落として打つ
  • 手で出してもらったボールを打つ
  • ラケットで出してもらったボールを打つ
  • ショートラリーで打つ
  • ロングラリーで打つ

【続きを開く】