サッカーを上達したい
試合に勝てるようになりたい
と言う気持ちを持って日々の練習に取り組んでいるとは思います。

しかし、なかなか思い通りに上達できずに苦労しているのではないでしょうか。

サッカーはチームプレイのスポーツだと言ったところで、あまりにもスキルが低ければ
試合でレギュラーに選ばれることもありません
し、日頃の練習では普通にできることが
試合になると失敗続きというのであれば、本番に弱いというレッテルを貼られて試合に
出られるチャンスが大幅に少なくなるでしょう。

監督からしても、不確実性の高い選手を試合で使いたくはありませんので、当然の措置
といえますが、日常の練習だけでは「試合で弱い」という問題を解決するのは無理です
から、いずれは試合に出ること自体を諦めるしかないという結果になりかねません。

今までに、ガンバ大阪や柏レイソル、横浜F・マリノスで監督を務めた経験を持つJFA
公認S級コーチの早野宏史さんは、試合の中での的確な動き方を身につける必要がある
と指摘します。

ドリブルやパス、シュートなどの基本的な動作ができても、試合の中での動き方が悪い
とディフェンス・オフェンスともに十分な活躍ができませんし、チームとしての戦略に
従って、試合を進めることができませんので、使い勝手の悪い選手という低評価になる
わけです。

この問題は動きの質を高める練習に取り組むことで解決できますが、サッカー指導者の
中には、「動きの質」に関する意識が抜け落ちている人が少なくないため、学べる機会
がなければ上達できないのは当然
だと早野さんは指摘します。

そこで、動きの質を高めるために必要な知識とトレーニングを学べる教材を早野さんが
作成しました。

それが「スーパープレイヤー育成マニュアル」です。
DVDですから、早野さんからマンツーマンレッスンを受けている感覚で受講できます。

早ければ、学習初日からサッカーの試合の中での動き方や考え方がわかるようになり、
動きが改善してきます。

【続きを開く】