ヒップホップダンスやストリートダンスに興味はあるが、ダンススクールに体験入会した
結果、まわりの人の動きに合わせることができずに挫折したという経験はありませんか?

練習を続ければ上達できると思ってダンススクールに通ってみたが、ほとんど何も変わら
なかったので、恥ずかしくなってやめてしまったという経験もあったかもしれません。

それ以前の段階として、ヒップホップの映像を見ただけで、自分にはとてもじゃないけど
無理だと思っている人もいますので、実際にチャレンジしただけマシですが、それが逆に
トラウマになってしまうと意味が無いわけです。

ダンススクールに通っても中々ヒップホップが上達できない理由として、自らの運動神経
の悪さやセンスのなさ
を自覚する人が多いのですが、ダンサーでダンスインストラクター
のSAYAKAさんは、自らのことを棚に上げて(?)かどうかは別としても、指導が上手で
はないダンス講師が意外に多いと指摘します。

また、個別指導であれば十分に生徒の能力を引き上げることができるダンス講師だったと
しても、一人の講師に対して生徒が50人も100人もいるような形式でのレッスンだと
一人ひとりの上達具合をチェックするのは無理ですし、生徒の上達スピードとは無関係に
スケジュール通りにレッスンが進むことから、劣等生は置いてきぼりになる
わけです。

これだったら自宅で動画を見ながらダンスのトレーニングをしているのと変わらないわけ
ですが、ダンスが上手な人の振り付けやステップなどを見て真似しようと思っても、中々
思い通りにはいきません。

基本動作が全くできていない状態では、見よう見まねで真似をしようにも体がついていか
ないからです。

ステップを教える動画はYouTubeを探せば見つかりますが、ステップだけを身につけても
不十分であって、音に合わせてステップをつなぐ必要がありますし、全体的な構成なども
考える必要があります。

【続きを開く】