まともなバッティング指導者が教えている野球チームであれば、決してありえないような
打撃指導がいまだに行われている
ことが珍しくありません。

その代表例とも言えるのが、ダウンスイングを教えているのにも関わらず、身体の自然な
動きを無視して「肩が開いている」などと指摘して、実現するのが不可能なバッティング
フォームを無理強いするといったケースです。

ダウンスイングであれば肩が開くのが自然であるのにも関わらず、それをしてはいけない
というわけですから、力づくで肩を閉じてダウンスイングをしようということ自体が異常
ですし、当然ながら、まともなバッティングはできない上に、フォームを崩したり身体を
痛めることになりかねません。

このようなデタラメな野球指導が蔓延する理由は簡単であって、指導者の知識不足による
ものですが、指導者に文句を言っても改善する可能性は低いでしょう。

その指導者が野球経験者であれば、選手時代に教わった野球理論が正解であって、現代の
進化した野球理論を知らないか、知る必要もない
と考えているケースが珍しくありません
し、野球経験の乏しい指導者や現代の野球理論に対して学ぶ意欲があっても、時間がない
ので学べない
といった原因によって、なかなか指導者の知識不足が解消されないのです。

元プロ野球選手で、ドラフト1位で入団し、将来を期待されながらも活躍できずに引退し
現在は柔道整復師として第二の人生を歩んでいる萩原誠さんは、この問題を解決するべく
全くの素人でも、現代の野球理論に基づいたバッティング指導が行える「萩原流 ジャスト
ミートセオリー
」というマニュアルを作成しました。

3つのポイントを踏まえるだけですから難しくありませんし、動画で萩原さんが教えるの
を真似するだけで十分ですから、野球の知識が乏しくても心配はありません。

【続きを開く】