あなたは飼い犬の問題行動に苦しめられていませんか?

無駄吠えや甘噛み、いたるところで糞尿を垂れ流すといった具合に、さまざまな問題行動
に苦しめられていると思います。

「犬のしつけ」の本に書かれている通りに試してみたけど、全く何も改善しなかったり、
さらに問題行動が悪化した
こともあったかもしれません。

あなたの飼い犬の問題行動が解決できない理由として、OUR-WAYドッグスクール・シッ
スルドッグスクール校長の松本和幸さんは、褒める・叱るを繰り返すようなしつけ方では
犬を道具扱いしているだけであって、しつけができないのは当然だと指摘します。

そうではなく、犬にどうしたらよいかを考えさせて、自分の子供をしつけるように接する
ことで、飼い犬が何がベストなのかを自分で考えるようになって、飼い主との信頼関係を
構築できると松本さんは指摘します。

このような考えに基づいた犬のしつけ方はイギリスが発祥と言われていますが、松本さん
もイギリスに留学し、AADT公認訓練士やLCTE公認訓練士、APDT公認訓練士などの資格
を取得する中で、このイギリス流のしつけ方こそが、飼い犬の問題行動を解決するための
最善な方法であることが分かったといいます。

そこで、このイギリス流の飼い犬の問題行動解決法・しつけ方を、誰でも一人で実践する
ことができるように、松本さんが「英国式犬のしつけ術」を作成しました。

英国式犬のしつけ術を実践した人は7000名を超えています。

「英国式犬のしつけ術」といっても、小難しい教育理論やしつけ方などを身につける必要
はなく、以下の3ステップを行うだけです。

  • 褒める・叱るを最適なタイミングで行う
  • 犬の本能・常識をしつけに利用する
  • 行動の良い・悪いを自ら学習するように仕向ける

【続きを開く】