社会福祉士試験の合格率は20%台後半と安定しており、受験者数も横ばいが続いている
ことから、今後も急激に難しくなるということは考えづらい状況です。

国家試験の中でも、社会福祉士試験は難易度は低めですし、少し努力すれば誰でも簡単に
合格できる
などといわれますが、それでも実際に合格できなければ意味がありません。

社会福祉士試験に合格するには150時間程度の学習時間が必要と言われますが、漠然と
150時間勉強しただけでは今回も不合格でしょうし、1000時間以上勉強したとして
も合格できるとは限りません。

学習時間だけでなく、学習内容も重要なのです。

社会福祉士試験では覚える必要がある用語や文章が数多くありますし、試験時間の割には
出題数が多いことから、せっかく暗記しても短時間で思い出すことができなければ意味が
ありません。

社会福祉士試験と精神保健福祉士試験の両方を一発合格したという松井寛さんは、知識を
増やすのはもちろんのこと、社会福祉士試験で出題者が考えているポイントやひっかけの
パターン
を学ぶことで、自信を持って解答できない問題でも正解率を上げることが可能と
なり、合格に大きく近づけると言います。

暗記するには、覚えるまで何度でも繰り返して勉強する必要がありますが、暗記しようと
思って気合を入れて取り組むだけでなく、日常生活の中のスキマ時間を有効活用すること
で、繰り返し学習できるチャンスは意外に多く存在
します。

それこそ、実務の合間にある1分間の空き時間でも専門用語の1個程度は見直せますので
効率よく時間を使う方法を知ることで、学習時間の割には大きな成果が得られます。

この松井さんが提唱する、社会福祉士試験対策を学べるのが「働いているからこそできる
社会福祉士の勉強方法&知るだけで得点アップする裏ワザ
」です。

マニュアルを読んで真似をすることで、正攻法と裏技を併用できるようになって、一気に
合格に近づけます。

【続きを開く】