全くの未学習者が、まともに中国語を話せるようになるためには5年は必要だと言われて
いますが、とてもじゃないが続けられませんし、それだけの時間的な余裕がないケースが
ほとんどでしょう。

仕事や転勤、留学などで1日でも早く中国語を話せるようにならないと困るといった差し
迫った状況ではないかと思います。

1999年4月に活動を休止したロックバンド「爆風スランプ」ドラマーで、現在は中国
を中心に音楽活動に取り組んでいる「ファンキー末吉」こと末吉覚さんは、JASRACとの
長期にわたる闘争でも知られていますが、一般的な中国語学習法ではマスターできない方
が当たり前だと指摘します。

その理由としてあげているのが、

  • 中国語が聞き取れないのに正確な発音ができるわけがない
  • ネイティブから教わったところで無意味な教材と全く何も変わらない

という2点です。

教え方自体が間違っているのだから、これで身につくほうが奇跡的と言えるでしょう。

末吉さんは正しく中国語を学ぶことで、10日もあればマスターできると断言します。

もちろん、観光旅行で使う決まりきったフレーズを暗記して終わりというような実用性に
乏しいものではなく、中国人と激しい口喧嘩(?)ができるレベル(普通に喋っていても
会話スピードが速いのと大声なので喧嘩のように聞こえるようです)に到達できるといい
ます。

この末吉さんが提唱する中国語学習法が「ファンキー末吉の中国語講座」ですが、大きく
以下の3ステップで進めていきます。

  • 日常会話で必要となる会話や文法を覚える
  • 中国語発音を独自の方法で一気に身につける
  • リスニングスピードを一気に上げる

【続きを開く】