中国語をマスターする際に立ちはだかるハードルとして、日本での中国語講師の第一人者
とも言える陳文芷さんは以下の3点をあげています。

  • 中国語会話のスピードのはやさ
  • 日本語には存在しない中国語独特の発音
  • 会話をする際の日本語と中国語との周波数の幅の違い

これらの違いを無視したままで、とにかく聞き流していれば、中国語が理解できるように
なるといった無責任なことを言う人がいるわけですが、いつまでたっても上達できなくて
当然だと切り捨てます。

逆に言えば、中国語学習における3つのハードルを乗り越えることができれば、短期間で
効率よくマスターできるわけですが、2倍速音声を聞くことが効果的だといったら驚くの
ではないでしょうか。

聞き流すのは意味がないと言いながら、2倍速音声を聞けばいいというのはダブルスタン
ダードじゃないのか
と、思わず文句の一つでも言いたくなったかもしれません。

もちろん、2倍速音声だけを聞けばいいわけではなく、正しく聞き取れない原因となって
いる中国語独自の発音やスピードを克服しないと、何倍速の音声を聞いたところで効果は
ありません。

しかし、この問題を克服することは、それほど難しくありません。

中国語と日本語の発音の違いを頭で理解したうえで、何度も繰り返して音声を聞くことで
発音とスピードの問題は自然と解消できる
からです。

周波数の問題も自ら発声してトレーニングを重ねることで、自然と克服できます。

そこで、これらのポイントを踏まえた中国語学習を行える「サバイバル中国語」が役立ち
ます。
何度も繰り返し学習できるように、複数の方法で収録することで飽きずに続けられます。

その結果、最短12日で中国語の日常会話レベルはマスターできるようになります。

【続きを開く】