少年野球などで、野球経験があるといった理由で監督やコーチをしていても、野手での経験
しかないとピッチャー指導が思い通りにできない
ものです。

全くの門外漢で、どのように教えたらいいのかわからないままに、体力強化とひたすら投げ
込みをするように指導をしているのではないでしょうか。

ピッチング理論や指導法などを講習会やセミナー、書籍などで学んできて指導に役立てよう
とは思っていても、なかなか思い通りの成果が出せずに困っているかもしれません。

元社会人野球ピッチャーでMVPに輝いたこともあるという、「おとうさんのための野球教室」
代表の桜井一さんは、理論的な裏付けもない「知ったかぶり」の指導こそが、上達を妨げる
最大の原因
だと指摘します。

知ったかぶりで嘘を教えられたのにも関わらず、真正面から信じて練習に取り組んだ結果、
上達しないどころか、体を痛めてしまって選手生命を縮める結果に終わった少年野球選手も
少なくありませんので、他人の人生を狂わせるという意味では大いなる罪といえます。

そこで、桜井さんが理論的な根拠に基づいたピッチング理論による正しいピッチャー上達法
をピッチャー未経験者でも指導できるようにした「グングン成長する奇跡の投手育成法」と
言うマニュアルを公開しました。

キャッチボールから投球フォーム、球のスピードを上げるための理論にはじまり、上達する
ための練習方法、さらには体を傷めないためのひじ・肩のケアの方法まで網羅
しています。

DVD動画で投球フォームをチェックすることで、速い球を正確に投げたり、正しく変化球を
投げるためのフォーム作りを理解できます。

【続きを開く】