矢を的に当てることだけが弓道ではない
と言われますが、射形はきれいでも思い通りに矢が飛ばせないというのは苦痛なものです
し、何年も上達できない状態が続くと相当なストレスに感じることは明らかです。

あなたも、弓道が上達できずに苦労しているのではないでしょうか。

筑波大学体育専門学群准教授・弓道部部長兼監督で錬士6段の松尾牧則さんは正しい稽古
をしていないから上達できない
と指摘します。

しかし、弓道における「正しい稽古」というのは、正しいフォームを身につければいいと
いった単純な話ではなく、小手先のテクニックや表面的な理解だけでは実践できないもの
ですから、何が正しいのかを正確に理解するだけでも難しいというのが実情です。

全くの弓道未経験者が指導をしなければいけない学校の部活動の場合には悲惨なものです
が、間違ったことを平気で教える指導者も少なくありませんし、全くあてにならないから
と自己流の稽古を続けていても、なかなか上達できないものです。

松尾さんは正しい知識に基づいた有効な稽古をするためのポイントとして、以下の3点を
あげています。

  • 射法八節を正しく理解する
  • 弓具の扱い方を正しく理解する
  • 正しい知識をもとに稽古をする

改めて指摘されるまでもない当たり前のこと
と言いたくなるかもしれませんが、それができていないから上達できていないという現実
があることから、意外にできていないことも少なくありません。

そこで、全くの弓道未経験者でも「正しい稽古」をできるようにするために、松尾さんが
弓道上達の極意」というDVD動画マニュアルを公開しました。

安定感ある美しい射ができるようになり、的中率も高い状態で安定するようになります。

何かわからないことがあれば、松尾さんに直接質問ができるメールサポートが用意されて
いますので、個々のケースで聞きたいことができた時に活用するといいでしょう。

【続きを開く】