ケアマネ試験の受験資格は2018年より変更となり、2017年実施分は受験できても
ここで不合格になると翌年以降は受験資格を失うケースも出てきます。

理論上は、再びケアマネ試験を受験できるようになるまでに何年もかかるケースも出ます
ので、ケアマネになることを諦める人も出てくるでしょう。

ケアマネ試験自体も難化が進んでいることから、合格者数は減っていく一方です。

これだけ、ケアマネの大幅な絞り込みを行う背景として、ケアマネの数は足りてきたので
これからは質が低いケアマネを淘汰したいという思惑がありますが、入口となるケアマネ
試験のハードルが高くなるのは厳しい
ですよね。

一般的にはケアマネ試験に合格するためには400時間程度は必要だと言われていますが
100時間以内で合格している人もいますので、勉強の仕方次第で結果は大きく変わる
いえます。

ケアマネージャーの三島茂人さんもケアマネ試験に合格したのは3回目の受験と言います
から、仕事が多忙で勉強時間の確保が難しい中とは言っても、相当苦労したことがわかる
と思います。

三島さんは、最初の2回は自己流で勉強して不合格になり、このままではヤバイと思って
3回目のケアマネ試験にあたって、勉強法を根本的に切り替えたといいます。

この時に三島さんが行った勉強法をまとめたものが「ケアマネらくらく合格勉強法」です
が、使用するのは問題集1冊のみ、わずか1ヶ月間の勉強で合格できたといったら驚くの
ではないでしょうか?

もちろん、1ヶ月と言っても、仕事をやめて朝から晩まで勉強漬けの生活というわけでは
なく、少なくとも1日2時間程度の勉強時間が確保できれば十分です。

これだけで、あなたがケアマネ試験に合格する確率を80%台まで引き上げることが可能
となります。

【続きを開く】