億万長者になりたければ努力と行動が必要
なことは当然だとしても、凡人が頑張ったところで無理な話だと、心無い人に否定されて
しまったら、それだけでもモチベーションが低下して挫折するのではないでしょうか。

また、努力していても全く成果が出ない状況が続いていると、行動すること自体が苦痛に
なってきますし、ちょっとした失敗でも挫折するケースは決して珍しくありません。

南米パルプメーカーの日本代理店として貿易業務に携わるさがわあつしさんは、アメリカ
陸軍が冷戦時代に研究開発を行っていた「リモート・ビューイング」という手法を用いる
ことで、行動できないとか実践できないという問題を解決できると指摘します。

リモート・ビューイングとは、カリフォルニアのスタンフォード研究所で行われた超能力
に関する研究成果の一つですが、日本語で書くと「遠隔透視」となり、肉眼ではとうてい
見えない光景を、あたかも肉眼で見ているかのように感じるというものです。

これだけだとオカルトやエセ科学の世界ですが、さがわさんが重視しているのは、透視が
できるかどうかではなく、このリモート・ビューイングをマスターするプロセスを通じて
願望達成するために必要な「脳の働きを変える」
という点です。

つまり、あなたがプラス思考で生きているつもりでも、本能レベルではネガティブ思考に
なっている頭脳を根本的に置き換えて、ポジティブ思考な脳に切り替えることができます
ので、行動できないとか実践できないという問題を解決できるようになります。

リモート・ビューイング自体は一部の超能力者だけでなく、そこらへんにいるような凡人
以下でも必要なトレーニングを行うことで確実にマスターできる手法です。

リモート・ビューイングをマスターするまでの時間は個人差がありますが、1日10分の
トレーニングを続けることで確実に身につけられます。

その結果、遠隔透視ができるようになるかどうかは別としても、あなたの願望達成は確実
なものとなります。

【続きを開く】