ソフトボールのピッチングを上達するためには、どうすればいいのでしょうか?

本を読んだだけで球速が上がったり、新たな変化球を覚えられたら苦労はいりませんが、
どう考えても無理ですから、理論面は書籍や指導者から学ぶとしても、使いこなすために
練習が必要
です。

しかし、とにかくボールを投げ込んで身体に叩き込むという練習法では肩を壊しますので
かつては当たり前のように行われていましたが、現在では投げ込みをするようにゴリ押し
するような旧世代のソフトボール指導者は減少しつつあります。

一方、それなりの数を投げなければ、ピッチングの感覚をつかむことはできませんので、
肩や腕などにダメージを与えること無くピッチング感覚を身につけるためにはどうすれば
いいのでしょうか?

ソフトボール上達練習法研究会の加藤由香代表(アナウンサーの方とは別人)は、指先と
リリース時の手首の感覚を身につけることがピッチャーにとっては何よりも重要
だと指摘
しますが、練習量をやみくもに増やしたところで身につけられるとは限りません。

そこで、ソフトボール日本リーグで投手として長年にわたって活躍し、引退後は鍼灸師・
あん摩マッサージ指圧師としてスポーツマッサージやコンディショニングなどに取り組む
高夕子さんが、独自のピッチング強化グッズを使ったピッチング練習法を開発しました。

それが「ソフトボールピッチャー ピッチング強化トータルグッズセット」です。

「ソフトボールピッチャー ピッチング強化トータルグッズセット」では以下のピッチング
強化グッズを使います。

左から順番に、

  • ボールの回転のかけ方がわかる「スピナー」
  • 手首を使う感触を養う「ビッグボール」(緑の大きなソフトボール)
  • 軽いボールと重いボールで球速アップ「スピードマスターボール」(赤と青)
  • インナーマッスルや損傷の多い肩関節を強化できる「Dチューブ」

となっており、練習方法を説明したDVD動画がついてきます。

【続きを開く】