学習障害は知的障害とは異なり、全般的な知的発達に遅れは見られません。

しかし、基本的な学力である

  • 聞く
  • 話す
  • 読む
  • 書く
  • 計算する/推論する

が劣っていることから、テストの成績が悪かったり、授業の理解度が著しく低いと言った
状況になる傾向が見られます。

このため、学習障害がわかるようになるのは小学校以降となりますが、サボりや知識障害
などと誤解されるケースは未だに見られますので、学業不振の原因が学習障害にあるのか
正しく判断する必要
があります。

子ども自身では学習障害かどうかを判断するのは非常に困難ですから、学校の先生や行政
の支援窓口などに相談してから、必要に応じて精神科などで診察を受けるほうがスムーズ
です。

しかし、学習障害であることがわかったとしても、だから成績が悪いままでも仕方がない
ということはなく、できれば正常な子供と同じように学力不振を少しでも改善させたい
思うのは親として当然の願望でしょう。

そこで役立つのが「学習障害なんかに負けない方法」です。

学習障害を含む、700名を超える学業不振の生徒を指導した個別指導学習塾「学太郎」
塾長の岡田誠さんが、どのように学習障害の子供たちの学力を改善させてきたかを教える
教材です。

「学習障害なんかに負けない方法」のポイントは以下の3点です。

  • 知識(正しい知識・認識に基づいて子供をサポートする体制を作る)
  • 学習(適切な学習トレーニングを選んで実践させる)
  • 動機(学習効果をチェック・フィードバックして動機付けを行う)

もちろん、個人差がありますから、目に見える成果がなかなか出てこない場合もあります
が、何もしなければ現状のままだったり、更に悪化するかもしれないという点を考えれば
「学習障害なんかに負けない方法」を取り組む価値は十分にあるといえます。

【続きを開く】