あなたが指導しているソフトボールチームが勝てないのは、練習環境やメニューに問題が
あるだけでなく、選手層の薄さもあるのではないかと思っていませんか?

改めて言うまでもなく、ソフトボール強豪チームには強い選手が自然と集まってきますし
指導者層も充実している上に、チーム専用の練習場や練習場所が確保されていることから
いつでも練習や試合ができるという恵まれた条件であることが一般的です。

しかし、メンバーを集めるだけでも一苦労で、練習時間や場所を確保するために苦心して
いる状況だったとしても、効率良く上達できる練習メニューや限られた環境を最大限活用
することでチーム強化は可能
だと指摘をするのは、ソフトボール上達練習法研究会代表の
加藤由香さんです。

ソフトボール上達練習法研究会は全国各地の優れた指導者に取材を行い、指導法や練習法
を全国のソフトボール指導者や選手に広げる活動を行っていますが、京都の樫原中学校
取材に行った際に、ないないづくしの厳しい状況でもチーム強化は可能だと強く実感した
といいます。

というのも、樫原中学校は京都市にある公立中学で、私立学校のようにソフトボール部を
特別視して予算や人員を投入することはできませんし、他の運動部との調整もあるため、
練習時間や練習環境も非常に限られたものになっています。

その上、京都市立の中学校ですからスポ少などで鍛え上げられた強豪選手がスポーツ推薦
で入学するようなことはなく、せいぜい、小学校のクラブ活動での経験者が数人いる程度
で、小学校の体育の時間で学んだ程度のソフトボール初心者も少なくありません。

不利な条件ばかりが揃っている中で、女子ソフトボール部の渡辺祐司監督は全国大会でも
勝ち続ける強豪チームに作り上げてきた実績があります。

渡辺さんは、どのようにしてチーム力を強化してきたのでしょうか?

ソフトボール強豪チーム&ピッチャー作りセット」を見ればわかるように、一つ一つを
みればわかるように、何か特別なことをしているわけではなく、実践できる範囲で最大限
の成果を出すための創意工夫やマインドができているかどうかの差だといいます。

【続きを開く】