ケアマネ試験は難化が続いていることから、試験勉強が長引くほどに合格するのが難しく
なっていくことが予想されます。

介護支援専門員の中島貫行さんは、ケアマネ試験の受験生にアドバイスをしていますが、
「合格する」人と「不合格で苦しむ人」では以下のような違いがあると指摘します。

  • 「ケアマネ試験の本質」を知っているかどうか
  • 勉強に使うテキストや問題集が適切かどうか

この差が時間が経つほどに大きくなっていきますので注意が必要です。

そこで、正しい戦略に基づいたケアマネ学習法で、次回のケアマネ試験で合格するために
どのような勉強をすればいいのかがわかる「介護支援専門員 ケアマネ合格桜咲く!」を
中島さんが公開しています。

「介護支援専門員 ケアマネ合格桜咲く!」を見ると、以下のことがわかります。

  • きちんとしたテキストの選び方
  • テキストの活用方法
  • きちんとした問題集の選び方
  • 問題集の活用方法
  • 過去問の必要性の有無について
  • 正しい勉強方法とその理由
  • 間違った勉強方法とその理由
  • 本当のノートの使い方
  • 時間の活用方法
  • 明確な目標を立てる
  • モチベーションを上げてはいけない理由とは?
  • 引っかけ問題を克服できる
  • 解答に迷った時のルール作り
  • 出題者の意図を掴むこと
  • 試験本番に挑む

なお、「ケアマネ合格桜咲く!」は教材ではないため、別途、参考書や問題集を用意する
必要があります。

どのような教材がいいのかは「ケアマネ合格桜咲く!」で説明しています。

「介護支援専門員 ケアマネ合格桜咲く!」の方法で試験対策を進めていくと、大幅に学習
時間を短縮
できます。

標準テキストに従って勉強すると、360~400時間は必要になることが一般的ですが
「ケアマネ合格桜咲く!」で紹介している方法で勉強すると80時間以内で合格ラインに
到達
できます。

また、わからないことがあればメールサポートが用意されています。
疑問を抱えたままで勉強を続けても効率が上がりません。
どんどん解決していきましょう。

【続きを開く】