高校入試を控えたお子さんが希望の進路を選ぶために何をすればいいのか困っていません
か?

親として、子どもの高校受験を成功させたいと思っているでしょうし、最悪のケースでも
定員割れなどで春休み中に募集をしている高校もありますから、よほどのことがない限り
高校浪人の心配はありません。

全日制でなくても通信制や夜間制もありますし、高等学校卒業程度認定試験(高卒認定)
に合格すれば、高校に通わなくても高卒として扱われますので、専門学校や大学、短大を
受験する際のハードルを無理なくクリアできます。

高校で知名度やブランドのある学校に通えなかったとしても、大学などで実現すればいい
わけですし、学校名よりも希望進路にあう学習ができる学校であれば構わないというので
あれば、高卒認定に合格すれば次の進路に進めるわけです。

しかし、進路も決めずに漠然と高校を選んだり、高卒認定を受ける前提で中学を卒業した
後は高校にも通わず遊ぶというのでは、ニートや不良になりかねない可能性が高まります
し、その後の人生においても悪い影響を及ぼしかねません。

中学の時点で進路を明確に決めれば、その後もスムーズに人生設計ができるわけですが、
難関高校やスポーツ推薦などを目指さない限り、中学3年になった時点でも将来のことを
考える段階にはならない
ものです。

学校によって違いはありますが、公立中学では部活動が夏休みぐらいまでは続きますし、
その後もヤル気を出すかどうかは個人差が大きいと指摘をするのは、元公立中学校教師で
教育コンサルタントの道山啓さんです。

それでは、親として我が子の進路選択や高校入試を成功させるためにはどうすればいいの
でしょうか?

道山さんは以下のことに注意をすればいいとアドバイスします。

  • お子さんが心の底から進みたいと思う進路を見つけさせる
  • 模試や入試までに効率良く成績を上げるためのスケジュールを立てる
  • 内申点と偏差値を一気に上げて受験できる状態にする
  • 入試で本来の実力を発揮する

特に公立高校の場合には、内申点が悪いとテストが満点でも不合格になる場合があります
し、内申点による足切りで受験さえ出来ないケースも出てきます。

このため、できるだけ早い段階で進路を決めたほうがいいですし、少しでも内申点が高く
なるように中学生活を送る必要があります。

【続きを開く】