熱心に素振りや打撃練習を続けていても、なかなかバッティングが上達しないという悩みを
抱えていませんか?

一方、同じように練習しているのにもかかわらず、打率やホームラン数が明らかに上回って
いるチームメイトを見ると、どうすれば打撃が強化できるのか分からなくなると思います。

人並み以下だったら、他人以上に練習しろ
というのは、スポーツの世界では常識のように言われていますが、人並み以上に練習しても
ライバルに追いつけないのであれば、そもそも才能やスキルもない上に、伸びしろも乏しい
のだから、さっさと諦めろ
と言った感情が含まれているものです。

しかし、全く同じ練習を繰り返している限りは、練習量だけを増やしたところで上達しない
場合がほとんど
です。

全くの素人がトップレベルのプロ野球選手の投げる球を打ち続けていれば、いつかは打てる
ようになるかといったら、まず不可能だというのと同じです。

バッティングを上達させるためには、練習量ではなく、練習の質も同時に上げる必要がある
わけですが、具体的に何をすればいいのかがわからないからこそ、同じ練習を繰り返す方が
何もしないよりはマシ
という程度の話でしかありません。

元プロ野球選手で関西独立リーグ「06BULLS」監督の村上隆行さんは少年野球教室で小中
学生を相手に指導を行って、数多くの強打者を生み出していますが、これらの少年野球選手
たちは、もとから特別な才能があったわけではなく、補欠やレギュラー外からのスタートも
珍しくありませんでした。

村上さんが教える打撃理論を着実に実践したからこそ、貧打で悩んでいた状況を解消できた
わけです。

この村上さんが教える打撃理論とバッティングを上達させるための練習法をDVDで学べるの
が「お父さんでも一流の打撃コーチになれるバッティング指導方法」です。

プロの打撃理論を全くの未経験者や、大人と比べて身体能力が著しく劣っている子どもでも
無理なく実践できるようにカリキュラムが考えられています。

【続きを開く】