あなたはゴルフでアプローチに対して苦手意識を持っていませんか?

ショートしてパッティングの距離を残してしまったり、グリーンオーバーして反対側から
アプローチをやり直すという状況を何度も繰り返している
かもしれませんね。

その上、フェアウェイからアプローチを行えるとは限らず、ラフやバンカーからグリーン
を狙う場合も珍しくありませんし、足元も水平ではなく傾いていることが一般的です。
さらには、心理的なプレッシャーも重なることで正確にスイングするのが難しくなりがち
です。

とてもじゃないですが、これではスコアアップなどは絶望的ですから、グリーンで有利な
場所にボールを落とせるようにアプローチを鍛える必要がありますが、練習をしていても
なかなか上達できずに困っているのではないでしょうか。

ゴルフ工房クラフトマンの倉木真二さんは、これまでに数多くの試行錯誤を重ねた結果、
アプローチを上達させるためには「2種類の打ち方」だけを練習すれば良いといいます。

この2種類の打ち方の練習をするだけで、さまざまな状況におけるアプローチに対応する
ことができるようになる
といったら驚くのではないでしょうか。

それを可能にするのが「アプローチの真髄」です。

この倉木さんが提唱するアプローチ法の練習をする際に必要なのは、アプローチ練習用の
マットとボール、500円程度で購入可能な小物程度です。
ゴルフ練習場に通わなくても自宅で手軽に取り組めますので、休日以外にも平日に仕事を
終えてからアプローチ練習を行うことも可能です。

【続きを開く】