softball

ソフトボールで上達するために必要な要素は、ピッチャーやキャッチャー、野手で異なる
ものも少なくありませんが、共通して求められる要素も存在します。

足が遅いよりは速いほうがいいでしょうし、凡打や三振の山を築くよりはコンスタントに
ヒットを打ったり、時にはホームランが打てる方が喜ばれる事は言うまでもありません。

守備に関しても、トンネルや暴投、飛んだボールを見失うといったエラーを量産するより
は、鉄壁の守備を誇れるほうがいいわけですし、攻撃面ではどうしても好不調が出るのに
対して、守備や走塁は安定して実力を発揮できますから、高いレベルでキープしたいもの
です。

しかし、あなたが現時点でソフトボールにおいて自慢できるような実力がなかったとして
も心配する必要はありません。

ソフトボールの元日本代表選手で東京女子体育大学ソフトボール部監督の佐藤理恵さんが
作成した「ソフトボール上達革命」があるからです。

ソフトボール上達革命では、ソフトボールが上手な人に共通する

  • 体の使い方
  • グラブの角度
  • タイミングの取り方
  • バッティングの基本
  • 走塁のセンス
  • 守備のコツ

を身につけるために必要な知識と練習法を動画で学べます。

いずれも小学生以降であれば実践できるものばかりですから、年齢を気にする心配はあり
ません。

ソフトボールが上手な人に共通するポイントが身につけられるというと、何かスパルタ的
なハードなトレーニングを積まないと上達できないのではないかと思うかもしれませんが
佐藤さんは以下の3つのポイントを意識して練習すれば、練習量が少なくても上達するの
は可能
だといいます。

  • ソフトボールセンス
  • 効果的な体の使い方
  • 自己修正して上達していける知識

これらは全てソフトボール上達革命の中で説明していますから心配は不要です。

【続きを開く】