lsatnankan

大学入試の英語長文問題に対して苦手意識を持っていませんか?

長文問題を解き続ければ自然と慣れてくるといったアドバイスがありますが、いくら数を
こなしても、問題文によって読解スピードや理解力が変わることから、成績が安定しない

といった悩みは珍しくありません。

特に難関大学で出題される英語長文問題の場合、限られた試験時間内で膨大な量の問題文
を読んで解答しないといけないことが一般的ですし、国公立大の場合は良問が比較的多い
としても、私立大ではクセの強い問題が出題される場合もあることから、正解できる点数
が読めないというのは、非常に不安に感じる
のではないでしょうか。

時間をかけて取り組めば合格点が取れたとしても、受験会場の緊張感の中で、試験時間内
に正解を出せなければ意味が無いのです。

そこで役立つのが、大学受験LSAT式英語長文問題速解法「難関大学オーソドックス問題
制覇編」
です。

このマニュアルを読むだけで、難関大学の英語長文問題で最低7割以上取るために必要と
なる「実践的な戦略的思考」を身につけることが可能となります。

その上、合計27.3時間、マニュアルを読むだけで達成しているといったら驚くかもしれ
ませんね。

これだけだと胡散臭くて仕方がないでしょうが、2013年に公開されて以降、毎年のよう
に数多くの実績が出ています。

大学受験LSAT式英語長文問題速解法「難関大学オーソドックス問題制覇編」では、以下
の2つのことを身につけます。

  • セクション・マネージメント(大問ごとの時間配分)
  • パッセージ・マネジメント(最大限の得点を上げる)

その結果、英語長文問題の体系的な解き方が身につきます。

問題文を全て日本語に訳すという手法は不要になりますから、時間を非常に効率的に利用
できるようになるわけです。
「スラッシュリーディング」や「パラグラフリーディング」は忘れてしまっても全く問題
ありません。

【続きを開く】