100golf

最初のうちはゴルフの練習するほどにコーススコアが縮まることもあって、練習が
楽しくて仕方がないと思います。

しかし、スコア100近くになってくると、徐々に停滞感を強く感じるようになって
くるのではないでしょうか。

ゴルフアドバイザーの山下裕司さんは、100切りを達成したいのであれば小難しい
スイング理論や、何とか対策などに躍起になって取り組まなくても、以下の2つの
ことさえ知っておけば十分
だと指摘します。

  • インパクトで「自然なタメ」を作る
  • フォローのスピードを上げてスイングを安定化する

この2つができるようになるだけで、ヘッドスピードをあげようと努力しなくても
自然に上昇してきますし、ショットのブレがなくなり安定してきます。

その結果、どこにボールが飛んで行くのか予想がつかないとか、マン振りしないと
遠くに飛ばせないし、どこに落ちるかは運次第といった、不確実なゴルフから抜け
出せるようになります。

そもそも、土台もきちんと出来ていない状態で、その上をどうしようかと悩むだけ
時間の無駄
であって、その無駄な時間を土台を踏み固めるために使えば良いと山下
さんは指摘します。

しっかりとしたスイングができるようになってからコースマネジメントに取り組む
ことで、さらにスコアアップにつながることは言うまでもありません。

それこそ、一気にシングルゴルファーに到達することも可能です。

そこで、この2つのポイントを効率良く身につけられる練習法を山下さんが「100
を切るゴルフ!たった2つの超簡単上達法
」というマニュアルにまとめました。

これまでの実績では、最短15分で飛距離が伸びたことを実感していますし、多くの
人々が初回の練習から効果を実感しています。

【続きを開く】