driver

ゴルフの練習をするにあたって、どのクラブを使えばいいかというのは指導者によって
異なることも珍しくありません。

一般的には7番アイアンが良いと言われていますが、7番アイアンは初心者にはハードル
が高いクラブだから、アプローチが自信を持って行えるようにピッチングエッジが良い
という人もいますし、身体能力や体調に合わせて6番~8番アイアンを使い分ければいい
という具合にさまざまです。

練習に使うクラブが違うのは、スイングのフォームを固めるために行うのか、飛距離を
伸ばすために行うのか、それとも、ボールコントロールができるようになりたいのかと
いった具合に、練習の目的によっても変わってくるものです。

ドラコンプレイヤーの安楽拓也さんとPGAティーチングプロの藤井誠さんはドライバー
の飛距離を伸ばしたいのであれば、7番アイアンを使えばいい
とアドバイスしますが、
単にクラブを変えて練習すればいいというのではありません。

安楽さんが提唱する「フットパワースイング」を身につける際に7番アイアンを使って
練習するのがベストだというわけです。

安楽さんのフットパワースイングを用いて7番アイアンで200ヤードを飛ばせるように
なればドライバーでの飛距離は今よりも20ヤードは伸ばせますし、マン振りのように
どこにボールが飛んで行くのかわからない、不安定なボールコントロールではなく、
しっかりとコントロールした上で遠くまでボールが飛ばせるようになるわけです。

この安楽さんのスイング理論と練習法を実践できるように「ドライバーのエネルギー
爆発理論
」が公開されています。

DVDを見て学んだ後に、7番アイアンを使って練習すれば、その効果の高さに驚くので
はないでしょうか。

【続きを開く】