footwork

バドミントンにおいて、ラケット技術よりも重要なポイントがフットワークであることは
知っていますか?

羽根を打つ練習ばかりを続けたところで、ラケットが羽根に届かなかったり、フォームが
崩れて適切な打ち方ができなくなることが珍しくありませんが、フットワークが適切では
ないことが原因
なのです。

フットワークができないと、羽根に届かず、正しいフォームで打てないので、一生懸命に
ラケットの練習をしても上達しないという結果になります。

バドミントンにおけるフットワークを上達するためには、どのような練習をすればいいの
でしょうか?

近畿大学バドミントン部トレーナーで、現役時代は中学の頃から全国大会ダブルスで次々
と優勝し続けた実績を持つ有田浩史さんは、以下の3つのポイントに気をつければいいと
アドバイスします。

  • 体重移動
  • 体の使い方(ひねり方)
  • リアクションステップ

この3つのポイントを活かして、少ない練習量でフットワークを効率良く上達できるよう
にするために役立つのが「有田浩史のゼロから始める!フットワーク練習プログラム
です。

DVD3枚組のボリュームで、この教材で学んだことを猿真似するだけでも、バドミントン
未経験者に対して指導もできますし、自ら上達するために活用することも可能
です。

基礎から応用までスキルアップにつながる14種類の練習メニューも用意されています。

羽根を投げる人が必要になりますから1人で練習するのは無理ですが、2人いれば練習が
できますので、思ったほどには人数が集まらなかった場合でも実践できます。

一人のときには、付属のイメージトレーニング映像を見ているだけで十分です。
イメージするだけでも、神経系統や筋肉は強化されるからです。

【続きを開く】