gyosho

>>公開は終了しました<<

行政書士試験を3ヶ月の勉強で合格する
といっても、そんなことは不可能だと言いたくなるのは当然ですよね。

全くの未学習者が行政書士試験に合格するためには300時間~1000時間以上は必要だと
一般的には言われていますが、行政書士短期合格術販売者の小野たかひとさんは行政法
と民法で点数を稼いで、一般知識等科目で足切りをされなければ、3ヶ月でも十分合格
可能
だといいます。

その理由としてあげられるのが、行政法と民法の配点の高さです。

この2科目だけでも、記述式と択一式を合わせた満点が188点ですから、合格ラインを
十分突破できますし、一般知識等科目での足切りラインが6問24点ですから、集中する
べきポイントを間違えなければ合格が狙えるというわけです。

しかし、行政法は択一問題の配点が高いのに対して、民法は記述式問題の配点が高い
いう点がボトルネックに感じているのではないでしょうか。

このことが行政書士試験を受験する多くの人を悩ませる状況になったわけです。

そこで、行政書士試験短期合格術では、全て合わせると1000条を超える民法条文の中
から行政書士試験で問われる可能性の高い部分だけを絞り込んで、ポイントをまとめた
行政書士試験専用民法虎の巻」を用意しています。

この虎の巻があれば、司法試験向けの民法の基本書を読んで混乱する必要もありません
し、拓一式対策ばかりで役に立たない市販の参考書や問題集も不要になります。

あなたも行政書士試験短期合格術を使って1日2時間、3ヶ月で合格しませんか?