rhythm

社交ダンスの練習というと、ステップが正しくできるか、ペアとタイミングを合わせて同じ
動きができるか、音楽に合わせて体を動かすことができるかと言ったポイントが気になると
思います。

しかし、ダンサーでダンス講師の菅原眞由さんは社交ダンス初心者が最初に身につけるべき
こととして「リズム」をあげています。

正しくリズムが掴めていないと、ステップや体の動きを練習しても、必ずといっていいほど
ズレますし、ペアとのダンスもうまくいきません。

それにも関わらず、ダンス教室などでリズムを教える講師が意外に少ないことに驚かされる
と、菅原さんはダンス講師を相手に「社交ダンスの指導法」を教える講習会やレッスンなど
の経験から指摘をします。

実際に社交ダンスのアマチュア競技会では、参加者の半分程度がリズムがズレている状況で
まともなリズム指導を受けていないことが明らかになったわけですが、逆に言えば、リズム
を合わせることができるだけでも大幅なアドバンテージが得られる
というわけです。

この社交ダンスのリズム練習法というのは、必ずしも、ダンス教室で講師から教わらないと
身につかないものではなく、自宅などで独学で身につけることは可能ですが、きちんとした
指導でないと中々マスターできないという点が厄介です。

そこで、菅原さんが独学用に特化した「社交ダンスのリズム練習法」DVDを作成しました。

リズムどころか、社交ダンスが未経験という人であってもスムーズにマスターできるように
構成されており、1週間も練習すればリズムで悩むことはなくなると菅原さんは言います。

1週間といっても寝る間を惜しんで何時間も練習しないと身につけられないといったもので
はなく、1日10分程度、DVD動画を見るだけで経験者であればリズムがマスターできます。

全くの未経験者の場合はDVDを見るだけで上達するのは無理ですが、それでも上達スピード
は雲泥の差ですから、知っておいて損はありません。

【続きを開く】